The BLACK DIAMONDS

散歩に特化したブログになりつつある

散歩10 アキバ「カレーの市民」

散歩10 アキバ「カレーの市民」

2019年3月18日 秋葉原~入谷

ロケットカウル ©Ibaru

書いてる人はイバルです。飽き性です。正確にはブレまくるイバルです。ADHDの集中できないのは、発達障害専門ドクターによると、過集中の対象が多すぎるらしいです。本人の性格の問題ではないそうです。

族車です。ロケットカウルにファイアエンブレムです。”うだつ”みたいなもんです。慣用句の”うだつが上がらない”のアレです。車体はKAWASAKI製のゼファー400だと思われます。族車の代名詞です。生産終了してます。やかましいマフラー付いてます。ハンドルがチョッパーっぽくて、姿勢が立ってしまって速度を上げにくいです。ただでくれるならもらいます。真っ先にカウルを外してマフラーを純正に戻します。機能を回復させます。そして売ります。大型二輪免許ありますが、車体が重いのと車検が煩わしいので、250ccで勘弁してください。

学園通り ©Ibaru

北千住駅の東口商店街です。流行らず廃らず、ちょうどいい感じです。

商店街の空き地 ©Ibaru

空き地になる前は、Softbankのショップとか居酒屋、マッサージや中古レコード屋、有料ハッテン場などが入居する3階建ての築年数が古いアパートでした。雑多なものが消えて、気を許せるずさんなニッチが失われるのは残念ですが、新しいものは純粋に楽しみです。とくに期待はしてません。

秋葉原 ©Ibaru

突然ですが秋葉原です。メトロの出口を迷って、電気街と反対に出てしまいました。

書泉ブックタワー ©Ibaru

メロンブックスとかとらのあなではなくて、書泉ブックタワーです。秋葉原駅と岩本町駅の途中にあります。個人的なノスタルジィです。ここにバイクを停めて、タバコ吸って、缶コーヒー飲んで、本は買わない24歳でした。ゼファー750ccでした。書泉ブックタワーの背後に流れている河川は、神田川です。川べりが喫煙所になっているので、いまでは呼吸を止めてスルーします。

ゴーゴーカレー ©Ibaru

秋葉原に2店舗あります。金沢カレーの火付け役!って自称してます。知らんけど。北千住にもあります。アニメ『Steins;Gate』は秋葉原の特徴をうまく描写した作品で、劇中にゴーゴーカレーも登場します。こちらは秋葉原1号店。

電気街口ラジ館前 ©Ibaru

UDXとかダイビルの反対側、ラジオ会館とかセックスショップの方向。まったく千代田区って柄じゃない。そもそも、電子部品とか電化製品、そしてオフィスが集まる街。

ラジオ会館 ©Ibaru

ファザードの屋号だけは以前のデザインを引き継いでいます。

電波会館 ©Ibaru

電波会館の2階のレンタルショーケースって、いつから設置してあるんだろう。電気パーツって詳しくないけど、どの店もだいたい同じに見えるんだけど、ちゃうん?

中央通り・秋葉原 ©Ibaru

日曜日は歩行者天国になる。ルールが厳しくなって、野蛮だった人々が去勢されて、かつてのようなカオスではなくなった。

クレーン研究所 ©Ibaru

クレーン研究所から、とある事件を境に屋号が変更になった。パチもんのキャラクターを景品にして検挙され、報道されてました。その時、クレーンゲームの収益が太くて驚いた。

いまさらジロー ©Ibaru

キッチンジローのココがしゅごい!って別にないと思うんだけど、なぜか廃れない。サンボはまだあるけど、神田食堂は閉店した。

カレーの市民・アルバ ©Ibaru

カレーは高カロリー。穀類、野菜、肉を使っているのでパーフェクトフード。ネタ的に。カレーのスパイスは鉄分豊富らしい。精神科の主治医に、鉄と塩分が不足していると指摘されたので、積極的に摂取します。金沢カレーは「カレーの市民アルバ」でも食べられます。カレーの市民は、国立西洋近代美術館で見られます。ゴーゴーカレーは立ち食いな感じですが、アルバはややレストラン。どちらも好きです。

あきばお~ ©Ibaru

アキバといえばガジェットショップ。エアダスター買うくらいしか利用しませんけど。SDカードとか電池がAmazonより安いです。スマホとかPCのアクセサリが充実してます。突然ですが、恋人の条件は、秋葉原デートを楽しめる人です。

ブラウン管工房 ©Ibaru

前回きたときは入居されてたんですが、スケルトンでした。なにげに聖地巡礼になってます。アニメでは、ここにブラウン管工房があって、2階がラボでした。

ミスターブラウン ©Ibaru
ダークオカリン ©Ibaru
中身は水 ©Ibaru

ニッチが埋まっていました。パンクとモッズとストリートカジュアルを融合させたような色白で華奢な若者が買っていました。こういうのはビックリマンチョコで卒業したので、眺めるだけ。お布施はしません。ゲームは買ったので貢献してると思います。

オタクにやさしい ©Ibaru

イバルにもやさしくして。

高齢社 ©Ibaru

現役引退世代の人材派遣会社。身も蓋もない。

メイリッシュ ©Ibaru

フェイリスのメイド喫茶。

失笑の詩人 ©Ibaru

芳林(ほうりん)公園の詩人。ロン毛です。キムタクですかね。

佐久間公園 ©Ibaru

Kさんって、隠語? 警察官かな。ラジオ体操発祥の佐久間〇園で何か喋っているそうです。近いうちに行ってみたいです。「未だに0人…(失笑)メッセージ表でも赤外線でも直でも濁しや無視の繰り返し…(失笑)堂々と完全〇罪を成しとげようとし、それどころか誇示している…(失笑)とにかく、佐久間公〇内で喋っているので録音、前書きをお願いします…。人間の方々、女の人たち…。(2019 3 15)本当に、はなしにならないのでKさんらは…(失笑)汚れきっているよ…(失笑)」

レンガ通り ©Ibaru

秋葉原を離脱して、新御徒町や稲荷町あたりを通過して北上。その名もレンガ通り整骨院。正確にはインターロッキングブロック、略してILBです。焼き物なので、レンガでも差し支えない。下水処理施設の残留物を固めてリサイクルしている場合もある。成分が一定ではないので、製品にはかなり誤差がある。適当に敷設すると、整然と並ばない。ヤニくさいおじさんたちが腰をかがめて、1つ1つ並べてるんだよ。

佐竹商店街 ©Ibaru
いっとき集合場所 ©Ibaru
J堂 ©Ibaru
元浅草 ©Ibaru
我国ゴム工業誕生の地の碑 ©Ibaru
秋葉神社 ©Ibaru

日比谷線入谷駅から徒歩10分程度。

本殿 ©Ibaru

この規模の神社だと、社務所がないところが多いけど、朱印所があって、お守りの類も販売されている。

国道4号線入谷付近 ©Ibaru

よく歩いて、腰が痛い。

母体保護法 ©Ibaru

母体保護法とか母子保健法って、個人だけでじゃなくて、共同体の運営にかかわる大切なシステムで、当事者にも周知されてなかったり、社会的に認知されていなくて、不健全な状態になってる。

入谷駅 ©Ibaru

そういえば、あさがお市ってあったような気がします。主に女性だと思うんだけど、それは女性が家に置き去りにされるようなシステムがそうさせてるんだけど、住居の周りを花で埋め尽くして、やがて密林化しているお宅ってありますよね。地面が広いお家だと、橙とか、桜、柿を植えたりもします。オカンに食わせてもらっていた子供の頃は、年が明けるたびに「緋の蕪漬け(ひのかぶらづけ)」を食わされてました。橙のしぼり汁を合わせた酢で蕪を漬けると、化学変化して鮮やかな緋色になります。とにかく酸っぱいので、子どもが喜んで食べる食品ではないと思います。松山城が見えないところでは緋色にならない、って口承もあるみたいです。橙は代々栄えるって縁起ものですね。おせちです。それは置いといて、歴史的に女性が家に取り置かれてきたことと、密林化は関係があるように思います。花は女性が愛でるもの、だから女性に花を贈ると喜ばれる、というのがすんなり腑に落ちない。

  • 東京メトロ日比谷線秋葉原駅
  • 書泉ブックタワー
  • ゴーゴーカレー
  • ラジオ会館
  • 電波会館
  • クレーン研究所、あきばお~
  • カレーの市民アルバ
  • ブラウン管工房、芳林公園
  • 白鷗高校
  • 我国ゴム工業誕生の地
  • 秋葉神社
  • 東京メトロ日比谷線入谷駅

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top