The BLACK DIAMONDS

散歩に特化したブログになりつつある

散歩7 全席禁煙

散歩7 全席禁煙

2019年3月15日

江北陸橋 ©Ibaru


リアルでは控えめな筆者のイバルです。プロフィールはこちら。今日は日暮里舎人ライナーから出発。

フック ©Ibaru

出発の前はトイレを済ませておきたいです。いきなりフックがありません。トイレのドアに設置してあるフックは、荷物を掛けられません。耐荷重はせいぜい数KGです。洋服以外のものを掛けてはいけません。鋲が大量に打ち込まれたパンクな本革のジャケットもダメです。ガチマジなライダースも無理です。重いです。多目的トイレではない個室では、チャイルドシートとドアの鍵が近いです。鍵は開けるために存在します。設計者の配慮が問われます。

ヘルプマーク ©Ibaru

日暮里舎人ライナーは都営(東京都交通局)なので、精神障害者は全線無料です。乗車証を発行してくれる駅舎に行くと必ず忘れます。はっきり言って損失です。ヘルプマークの周知もしてくれています。優先席の座席は直角で、座り心地が悪いです。1円たりとも容赦しないJRって、なんなん?

舎人公園交差点 ©Ibaru
舎人公園駅 ©Ibaru

完全に郊外なので、静かです。日中は乗客が少ないので、たいてい座れます。

舎人公園内 ©Ibaru

土の地面が広いです。

鴨、烏 ©Ibaru

風景がやさしい。鳥類の中でも、鴈や鴨の肉は上等らしいです。生活が最終的に困窮したら食べます。同じ水辺のアヒルやガチョウは生臭いです。アヒル肉の沖縄そばを食べましたが吐きそうでした。調理法が良くなかったんでしょうか。

釣り人 ©Ibaru

水際にはヨレた釣り人がつきもの。駅前にパチスロがあるのと同じです。知らんけど。釣りは、現代の日本人が気軽に参加できる、数少ない狩猟活動の1つですね。狩猟免許と、銃の所持許可がなくてもできます。道具をそろえれば、リスクを選択して挑める命を狩るゲームです。ただし、漁業権などのルールは把握しておいてください。逆に狩られます。人間に狩られます。

パイロン ©Ibaru

Youtuberや生主がリスナーにもらう確率が高いアイテムの代名詞。わざわざカラーコーン™を送るくらいならギフトカード送れよ、って思います。カラーコーンは商標。私はもらったことがありません。破砕しないと粗大ごみ扱いなので、実害です。過去に頂いたのは、冷蔵庫・電子レンジ・布団セット・食料品・衣類・ゲームソフト・モスバーガーのカード・現金くらい。冷蔵庫はいまでも使っています。もらう身でありながら、ギフトを選り好みします。アマギフとiTuneのコードをもらったのを思い出しました。お世話になりました。

TWD ©Ibaru
舎人TWD ©Ibaru

舎人公園の東に出たら、ウォーキングデッドになっていました。ここで待っていてもバイクに跨った Norman Reedus がぬいぐるみを抱いて現れたりしない。フェンスがあまりにも無骨すぎて、終末感さえある。公共の目に触れるデザインは、もっと考慮されるべきなんじゃないかな。

倉庫 ©Ibaru

この辺りは、漠然とした、空間が広い住宅地。物流は大事。ネット通販に慣れすぎると、生産とか物流、倉庫の存在も忘れて、毎日サンタクロースが煙突からプレゼントを運んでくるように思えてきます。たかが数百円の商品のために、途轍もないリスクを背負って働いてる人がいるんですけどね。国際郵便とか、どこでもドアで配達してるんでしょうか。ベルリンから日本に宛てた封書が、宛先人不明で返送されたときは衝撃でした。復路の料金を請求されないのが不思議です。

全席禁煙 ©Ibaru

串カツ田中が全面禁煙にして業績好調らしい。サイゼリアも2020年にそうする予定だったけど、都条例の施行を前に踏み切ったんですかね。こういうのは、手っ取り早くアピールした方がメリットが大きい。低価格で安定供給してきたサイゼリアは、未成年者の利用も多く、混み合う時間帯に喫煙席に子供たちが座っていたり、子連れの家族が喫煙席で食事したりするのも、まったく珍しくなかった。

非喫煙者の健康や、運転者に酒類の提供をしない、という考え方は最近のものです。40年さかのぼると、シートベルトも義務ではなかったし、昼間っからタバコふかしてビール飲みながらラーメン定食なんて当たり前でした。普通自動車免許を取得するだけで大型二輪に跨がれて、ヘルメットの着用も自由な時代もありました。

法的に喫煙可能な年齢の人の喫煙率は、2017年は18%でした。全人口で見るとさらに下がりますよね。少し集客が減ると禁煙化の代償と吹聴する人もいるんだけど、華麗にスルーしましょう。たばこ産業による恩恵よりも、健康被害等の損失が大きい。税収を気に掛ける方もいますが、現状で赤字です。算数です。厚労省の統計によると、日本国内での副流煙被害による死者は年間15000人。小規模な町村がいくつか全滅するレベルです。サイゼリアが禁煙化したメリットを歪曲させるコンサルタントもいるんですが、この人はセブンイレブンの企業ブランドは24時間営業だと主張していて、ちょっと痛い人です。

モダーン ©Ibaru

なんとなく西新井方面に進みます。自宅にいるのは寝る時だけ、って勤労者が少なくない。定時を徹底できている組織は都市伝説。通勤に片道1時間以上なんて、モバイルルータを契約しないとギガ(データ通信量)が枯渇するので、「いばるちゃんねる」が見られなくて不便ですよね。職業や居住環境の選択は、自由だけれど、誰もが直ちに地方の山奥に行って、「まだ~~で消耗してるの?」とは言えない。都市部に遠征しても、東京で上映されているほどのマイナー映画を見られないし、出会いたくなかった素晴らしい他者との遭遇の機会も少ない。それらを諦めてでも、空気がきれいな土地に住んで、地元の食材で楽しく食卓を囲める幸せには敵わないと思います。意識のとらわれがなく、ニュートラルに優先事項を決定できるゆとりを持てる状況に落ち着ければいいのにな。

保育士募集 ©Ibaru

保育士と介護福祉士の求人は、もはや風景。所得が低いのを分かっているのに保育士になって退職する奴はゴミ、くらいの言説もあるようで、ネットって怖いって思うし、その低所得なゴミに子供を託している人について考えたことあるんか、って東京湾に沈めてゴブリンシャークに召し上がって差し上げろ、って思って思います。教育や福祉を優先してくれる代議士に投票するくらいしか、一般人ができる解決方法はないんだけど、あまり知られていません。投票せずに不平不満や愚痴るうんこって、排水溝に流してあげたい。

大師前付近 ©Ibaru
総持寺山門前 ©Ibaru
總持寺山門 ©Ibaru

西新井大師って通称だけど、本尊は十一面観音らしいです。

總持寺境内 ©Ibaru

山門をくぐって正面に本堂。屋台が雑で呼吸の余地がある。

塩地蔵 ©Ibaru

お地蔵さんは、人々の願望を具現化するため、首をはねられたり、塩漬けにされたり、ポケモンくらいがんばってる。

禁止看板 ©Ibaru
本堂 ©Ibaru
弘法大師像 ©Ibaru

四国だとありふれている弘法大師像も、都内で見ると違和感。

参道 ©Ibaru

草だんごが名物らしい。 表参道に確定申告の横断幕。

大師前駅改札 ©Ibaru
PUDO ©Ibaru

人手を煩わせないPUDOは、どんどん利用されされちゃって下さい。宅配よりもやや遅いのは構わないけど、受取り可能な期間が短いので、失念が得意な人にはつらい仕様。 発達障害枠作って下さい。いえ、やっぱりいいです。

大師前駅ホーム ©Ibaru

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top